カラーセラピー コラム

MEカラーセラピストの仕事

2011.10.02

色占いとMEカラーセラピーは違います。

色占いは、この色を選んだあなたにはこんな意味があると言い切ってしまい、それが当たっているか外れているかという話しになります。

MEカラーセラピーは、カウンセリングの要素を持ったもので、選んだ色から連想されるキーワードを使って自分の抱えている課題をひも解く手伝いをします。

そこでは、当たっているか外れているかという話しにはならず、課題解決の為の一歩を踏み出すことができるのです。

自分の内面から出て来る課題を見つけて一つ一つ解決していくことで、本質的な“自分”が明確になっていきます。

本質的な“自分”は良い悪いという分離を超えた存在であり、そこには統一された自分の姿があります。落着きを持ち、生まれた使命を理解し、人生の流れに乗って生きる個性的で魅力的な“自分”です。

MEカラーセラピストの仕事

統一された“自分”は、よく「子どもの頃の自分」と表現されることがありますが、実際は子どもの頃とは違う“自分”です。“成熟した態度”と“新たなレベルのバランス”を持っている所が違います。

MEカラーセラピストは本質的な“自分”に向かう為の手伝いをします。

また、何か望みの状態があり、そこに向かって自分を変えたい、成長させたいという考えを持っている人の役に立つのもMEカラーセラピストの仕事です。

どのような望みがあるのかを明確にしていくこと、そのために変えていく必要のある部分や成長していく必要のある部分のサポートをしていくのです。

そのためには色の知識だけではなく、心理学や脳科学、カウンセリングのことも学ばなければなりません。そして何よりセラピスト自身の成長が必須なのです。

copy right © Keisuke Fukase